• HOME >
  • ピクニックシャンプーについて

ピクニックシャンプーについて

Picnic Shampoo

ピクニックシャンプーは皮膚のバリア機能の「回復」と「維持」を目的として開発されました。

病気で動物病院に来社する動物の30%以上が皮膚病の犬であり、大部分はアトピーと角化症およびそれらの疾患に関連する感染症です。

わんちゃんたちも笑顔に

臨床医学に基づいて、犬の皮膚トラブルを考えました。

天然成分で地肌に優しい弱酸性 ピクニックシャンプー

これらの疾患での特徴は、発症以前に感染を許容するほど皮膚のコンディションが劣化している点で、発症以前のコンディションが必要になります。 特にアトピーは、定期的に増悪期と、無症状期を繰り返すために、無症状期に治療をするという考えが欠如しがちです。

しかし、アトピー患者の皮膚は無症状期にもバリアの不可欠な要素であるセラミドの減少、皮膚が正常な代謝を行うための水分量の減少が生じており、この時期の治療が発症を左右します。

すなわち皮膚疾患、特にアトピーにおいてスキンケアはオプションではなく、薬物治療と同等の、あるいはそれ以上に重要な治療法であると考えられています。

Picnic Shampoo

皮膚病のほとんどは、バリア機能の低下で発病します。

角質層は、皮膚細胞代謝の最終形態で、すでに死んだ細胞ですが、体表最表層を何重にも覆うことによって内部の生きた細胞を守っています。
健康な皮膚は、この角質層によってさまざまな物質の進入を防ぎ、また体内の水分の喪失を妨げるように保護されています。
(図①) アトピーのように表皮脂質が減少する疾患では、角質層とセラミド等で形成される、外→内バリアが機能せず、細菌や抗原の進入を許容する状態になります。(図Ⅱ)皮膚角質層顕微鏡写真(図③)

  • ①正常な皮膚「細胞/抗原をブロック」
  • ②乾燥した皮膚「細胞/抗原の侵入をゆるしてしまう」
  • ③皮膚角質層電子顕微鏡写真

効果的なシャンプー・保湿剤の選択と注意点

シャンプー

シャンプーの選択で最も重要なポイントは洗浄力があることと、皮膚刺激性が少ないことですが、この2つは基本的には両立しません。全ての洗浄剤は細胞に有害であり、皮膚病変があればその副作用はさらに表現しやすくなります。
動物用シャンプーは十分な規制や企業モラルが浸透していないため、特に注意しなければなりません。
スキンケアに使用されるシャンプーは、全成分表示のものを選択し、洗浄成分が含有されていること、有害化学物質が含有されていないことを確認する必要があります。
また、洗浄成分に刺激性の高い陽イオン界面活性剤(注:リンスは界面活性剤:リンスは陽イオン界面活性剤に分類され、極めて皮膚刺激が強いため、皮膚疾患を有する犬への禁忌となります。)が使用されていないことも重要なポイントです。

保湿剤

シャンプー後は体表に油脂を補給しなければなりません。
しかし多くの動物用保湿剤は界面活性剤が使用されており、十分な安全性や機能が確認されていません。
皮膚を清潔にした後に添加するものなので、含有されている物質が有害科学物質か肌にやさしい天然成分かの見極めが重要となります。
また極めてオイリーな個体には、ノンオイルタイプの製品を選択することで対応できます。

  • 毒性試験獣医師向け動物用のシャンプーのスクラッチテストによる毒性試験。
    高率に皮膚炎を誘発する製品が多い。
  • 皮膚炎重度のシャンプー誘発性皮膚炎

Picnic Shampoo

ケアシャンプーとしての「メディケアシリーズ」

配合成分

マグネシウム
マグネシウム

皮膚のバリア機能低下では、マグネシウムやカルシウムの欠乏が大きく関与しています。
マグネシウムは経口投与しても皮膚中の濃度はほとんどあがりません。
外から皮膚を通して浸透させることで即効性が生まれます。

アミノ酸
アミノ酸

被毛や表皮は、アミノ酸由来のケチラノサイトで構成され、皮膚の表層では角質層となって皮膚を維持していくための有効成分が放出してしまうのをガードしています。
このケラチノサイトを補強し、皮膚のバリア機能を強化します。

天然成分で地肌にやさしい弱酸性

ピクニックシャンプーは、肌の弱いワンちゃんにご利用いただけるよう、着色剤は使用せず、植物由来の天然成分を配合しております。そのため高い洗浄力で有りながら低刺激で、定期的に使用していただくには最適です。
また、肌の状態や毛質にあわせた様々なタイプがあるので、全てのワンちゃんに活力と美しさを与えます。

  • ローズマリーローズマリー
  • アロエベラアロエベラ
  • カミツレカミツレ
  • チャエキスチャエキス
  • センブリセンブリ
  • ラベンダーラベンダー
  • カンゾウカンゾウ
pagetop