アトピー性皮膚炎について

スタッフブログ 2014.10.15

アトピー性皮膚炎とは?

ワンちゃんの皮膚病疾患のなかで多く見受けられるのが、アレルギー性皮膚疾患です。そのアレルギー性皮膚

疾患の一つであるアトピー性皮膚炎は、アレルギー性皮膚疾患のなかで非常に大きな割合を占めています。ま

ずは、アトピー性皮膚炎とはどのような病気なのかをよく理解しましょう。

アトピー性皮膚炎の素因

1)アレルギー体質・・・アトピー性皮膚炎はアレルギーのひとつです。アレルギーとは、ダニ・カビなどの

 アレルゲン(=異物・侵入物)に対する免疫機能が過敏に反応してしまうために起こる病気です。アレル

 ギーの一種であるアトピー性皮膚炎は、アレルゲンに対する体の過剰反応で、“遺伝要因”と“皮膚のバリア

 機能不全”という2つの素因が関わっているのが特徴です。

2)遺伝素因について・・・生まれつきアトピー性皮膚炎になりやすい犬種があります。日本でアトピー性

 皮膚炎の発生が多い犬種は、柴犬、シーズー、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、ゴールデン・

 レトリーバー、ミニチュア・ダックスフント、フレンチ・ブルドックなど

3)皮膚バリア機能不全について・・・肌の潤いを保つ皮膚のバリア機能が弱いと、ダニやカビなどのアレル

 ゲンが体内に侵入しやすくなるため、アレルギー反応が起きやすくなってしまいます。生まれつき皮膚が弱

 いワンちゃん・ネコちゃんは、アトピー性皮膚炎になりやすいと言えます。

アトピーは完治が難しい病気です。

 アトピー性皮膚炎は生まれつきの体質が大きな要因となっているため、完全に治すこがむずかしい病気で

 す。しかし、病院での治療のほか、ワンちゃんの飼育環境を清潔に保つ、こまめにシャンプーしてあげる

 (3週間~4週間に一度)、食事内容を見直すなど、生活環境を改善すれば、かなり症状を軽減させるこ

 とができます。また完治がむずかいからといってあきらめてしまうと、症状は悪化するいっぽうです。ワ

 ンちゃん・ネコちゃんに辛い思いをさせないためにも、かかりつけの獣医師さんとよく相談して、根気よ

 く治療することが大切です。

アトピー性皮膚炎の皮膚の状態

 生まれつき皮膚が弱ワンちゃんは、セラミドなどの脂質が不足がちなために、皮膚の表面の“皮脂層”が剥

 がれて、皮膚がカサカサになりやすいのです。さらに“皮脂層”の欠落により、ダニやカビなどのアレルゲ

 ンが体内に侵入しやすくなり、アレルギー反応を引き起こす引き金となります。

img02

どうして痒くなるの?

 皮膚に分布している痒み神経は、体の表面近くまで伸びています。皮膚炎が起きると、皮膚から神経を成長

 させる物質がたくさん分泌され、神経線維がたくさん伸びて痒みを強く感じるようになると考えられていま

 す。

 痒みを引き起こす物質としてヒスタミンが有名ですが、その他にもいろいろな物質が痒みを引き起こすこと

 が分かっています。皮膚炎が起きると、皮膚に存在する肥満細胞という細胞からヒスタミンやその他の痒み

 物質がたくさん分泌され、痒み神経にはヒスタミンと結合する受容体という場所があり、ヒスタミンがその

 受容体に結合すると、痒いと感じるのです。

 アトピー性皮膚炎の皮膚は、掻くとボロボロに皮膚がむけたり、血やしるがでたりします。アトピー性皮膚

 炎のように炎症が起きた皮膚は、膨らんで中がスポンジのようになり、しるが溜まって破れやすくなってい

 るためです。

      正常な皮膚                 炎症を起こした皮膚

photo_know0101photo_know0102

正常な皮膚は薄いですが、炎症を起こすとかなり厚くなります。

     正常な皮膚の神経線維              皮膚炎の時の神経線維

photo_know0103photo_know0104

皮膚炎を起こした皮膚は、表皮内に神経(茶色に染色)がたくさん伸びています。

痒みの悪循環

 アトピー性皮膚炎で最も問題となるのが[頑固な痒み]です。痒いとついつい掻いてしまいます。掻くと皮

 膚炎はますます悪化してしまいます。皮膚を引っ掻かせることで、皮膚炎、皮膚のアレルギー反応を促し、

 アレルギーを起こしている物質をより早く排除しようとする仕組みなのかもしれません。しかし掻けば掻く

 ほど皮膚炎が悪化し痒みも増し、ますます掻いてしまうことにもなります。

 人間の場合、痒みが気になって勉強や仕事に集中できません、ひどくなると痒くて眠れない時もあります。

 このような生活の質の低下は、さまざまなストレスを引き起こします。ストレスが溜まるとますます痒みが

 まし、勉強や仕事に身が入らなくなり、痒くて眠りも浅くなります。

img03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetop