冬は乾燥が気になる季節

スタッフブログ 2014.09.25

冬場になると肌が乾いてカサカサしたり、カユミがでたり、乾燥肌トラブルに悩む飼主さんも多いのではないでしょうか。

肌の乾燥に一番影響を与えるのが、気温と湿度。肌の水分量は、季節によって大きく変わりますが、気温と湿度が一番下がる11月~1月は、肌から水分が蒸散する量が増加。

これにより、肌の乾燥が、急激に進みます。

肌の水分量や皮脂の分泌量は、季節によって大きく変わります。気温と湿度が下がる冬は、皮脂の分泌量が減り、水分の蒸発量が急速に増えます。

これにより冬は、乾燥肌になりやすく、乾燥肌トラブルが発生しやすくなっているのです。

では、何をしたらいいのか

1.『冬場の暖房温度を少し低めに設定しましょう』

  少し寒いぐらいの温度に設定しましょう。

2.『暖房を使用している部屋の湿度に気をつける』

  加湿器を使うのも有効ですが、霧吹きを使ったり湿らせたタオルを部屋に掛けておくだけでも効果が

  あります。

3.『シャンプー後の保湿‼』

  シャンプー後の保湿は大事ですがやりすぎもよくありません、効果は変わらないばかりか他のトラブルを

  を起こす可能性があります。

4.『洋服』

  寒いと思い洋服を着せている方もいると思いますが、被毛と福が擦れて、乾燥肌になってしまうことがあり

  ます。部屋の中で着せるのは避けましょう。

冬場の乾燥肌は、気温・湿度に関係していますので、愛するペットのために飼主さんも我慢が大事です。

お部屋の気温・湿度をこまめにチェックすることで、ペットの健康を維持することができます。

乾燥した皮膚・被毛のお手入れに『パーフェクトミスト オイルタイプ』をお使いいただけばダメージを

受けた角質層を修復し、皮脂を制御して潤いを長持ちさせます。

乾燥皮膚

 

pagetop